やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【おでかけ】海とお魚とお花の旅1日目 ひたちなか海浜鉄道と阿字ヶ浦”年間民宿 黒勢鮨”

もう真夏日かと思うような日々が続いていますね!今年の夏はどうも猛暑だとか。。。今から心配になってしまいますX(

あっという間に6月に入り、GWはもう一ヶ月も前の事だなんて信じられない気分です。いくら先の楽しみがあって、待ち遠しくても1日1日、今の一瞬一瞬を大切に使っていかなくてはいけないな、とつくづく思うのこの頃です。

さて、GW前半は横須賀の観音崎に行ってきたのですが、後半はとても有名になった茨城県ひたちなか市にある、国営ひたち海浜公園に行ってきました!こちらも2つに分けてお届けいたします;)

陽気に恵まれた今年のGW、まずは東京駅から特急ときわに乗り込み、一路”勝田”駅まで。

f:id:mistletoe1:20170506131515j:plainf:id:mistletoe1:20170506132041j:plain

それほど遠くはなく、1時間半ほどの旅で、ちょうど遅めの昼食を車内で食べながらの出発です。

勝田に到着後、ホーム内から乗り込めるローカル線ひたちなか海浜鉄道に乗り換えをして、終着点である”阿字ヶ浦駅”まで行きました。この鉄道の駅の駅名標がとってもかわいいのです!

まずは勝田。海浜というだけあって、日の出のモチーフと田んぼと思いきやビル群だそうです。f:id:mistletoe1:20170506151009j:plain

ワンマン運転の列車もレトロながら明るくてとても良い雰囲気。無人駅も多く、駅員さんがフレキシブルに頑張っていました。終着駅の阿字ヶ浦駅はこれまたいいデザイン!

f:id:mistletoe1:20170506154212j:plain

温泉に名物のアンコウ、釣り針に海藻と特徴が一目でわかりますね!駅舎も小さいながらとても古くかわいく、近年、首都圏では見られないものでした。

f:id:mistletoe1:20170507082301j:plain

まずは宿泊の荷物を預けにお宿である”年間民宿 黒勢”さんへ。夕食の時間まで海辺まで散歩をしに出ました。

f:id:mistletoe1:20170506163245j:plain

長く続く浜辺ではまだ海には入れないというのになかなかの人が。驚くほど多くの宿があって、とても意外な気がしましたが、昔は「東洋のナポリ」と謳われるくらいの美しい海水浴場だったそうです。現在ではうっすらと見える大きな工場や火力発電所の建物が楽しげな子どもたちの姿との対比がなんとも。。。(批判などではありません)

近くには温泉などもあり、ゆっくりと散歩を楽しみました。この近辺では冬のあんこう鍋がとても有名。このほかにも干しイモなどの名物があります。例にもれず、干しイモのソフトクリームをいただきましたXD

f:id:mistletoe1:20170506165210j:plain

まったりとしたコクと甘み。歩き疲れた体にしみじみと美味しく感じました。この後はお宿に戻り、待ちに待った夕食です;)

お寿司屋さんが経営されている民宿とのことで、部屋もサービスもとても簡素ですが、とにかくリーズナブルな料金なのにお食事が豪華!お魚を存分に堪能できる内容に思わずココ!と予約してしまいました。

食事は部屋食ですが、部屋の前に持ってきていただいたものを自分たちで並べるセルフサービスになっています。

f:id:mistletoe1:20170506181239j:plain

酢の物や煮物は旬の筍、もずくなど、揚げ物のお魚、煮物ののお魚、お刺身に握り鮨!

f:id:mistletoe1:20170506181245j:plain

一人それぞれふた切れで8種類ほど。。。これだけでもかなりの量になります!どれも新鮮で、厚く切って食べ応えがあり久々に思いっきりお刺身を堪能できました!

f:id:mistletoe1:20170506181258j:plain

お寿司も贅沢なネタばかり7カン!左上の大トロなんて、すごい脂の乗りですよね!食べ終わる頃には本当にお腹いっぱいになってしまい、ごはんもあったのですが、食べられず。。。ごちそうさまでした!

翌朝は早めに公園に入るため、朝一に朝食を持ってきていただきました。

f:id:mistletoe1:20170507071931j:plain

海藻の煮物と、茨城名物納豆もちゃーんとあります。たくさん歩く予定なので、しっかりエネルギーを摂って国営ひたち海浜公園に出発しました!

 

 

【おでかけ】景観まるごと楽しめる横須賀美術館の"デンマーク・デザイン展"と横浜関内のモロッコ料理店"Morocca"

また少しばかり日が空いてしまいましたね。まだGWやその後のお出かけもあるのに、なかなか筆(手?)が進みませんでした。

前回の観音崎を巡った後は、この横須賀を訪れる本当の目的であった横須賀美術館へ。こちらのデンマーク・デザイン展に来たかったのです:)

f:id:mistletoe1:20170531183809j:image

自然と絶景に囲まれた、明るい雰囲気の美術館は多くの来場者で賑わっていました。広く明るく、無料のスペースやオブジェなどもあり、家族連れでワイワイと楽しめそうな感じです。

最近は、食器などを始め、北欧デザインのものを少しづつ集めているところなので、今回のデンマークデザイン展もとても興味深かったのです。

f:id:mistletoe1:20170601082933j:image

これまでのデザインの歴史や有名なデザイナーごとの作品の展示、製造工程などをみて回る事が出来、5種類ほどのチェアに実際に座ることもできます。

f:id:mistletoe1:20170601083327j:image

実際に買うとなると高額の北欧家具!いつかこんな家具を少しづつ集めてくつろげる家に住めたらなぁ。。XD

このあとはゆっくりと常設展や館内を巡りました。

f:id:mistletoe1:20170601083649j:image

展望スペースからは無料の望遠鏡があり、向かいの房総半島まではっきりよく見えます。

f:id:mistletoe1:20170601083847j:image

丸い窓が多いのは、船のイメージでしょうか?全体的にガラスを多用しているのは、潮風の害から守るためもあるそうですが、白を基調として開放的な作りにたくさんの陽が入り老若男女が親しみやすく、入りやすい美術館だなぁと感じました:)

美術館を後にして今度は横浜市内は関内へ。夕食に訪れたのがモロッコ料理の"morocca"さんです。

f:id:mistletoe1:20170602081715j:image

飲み放題とお料理のコースで、まずは乾杯XD

f:id:mistletoe1:20170602081841j:image

フムスはお豆とは思えない満足感。ベジタリアンにも安心で栄養もたっぷり。最近人気が出てきましたよね。

f:id:mistletoe1:20170602081953j:image

タジンはケフタ(ミートボール)!クスクスも付いてきました。ふわふわ柔らかくてジューシーで美味しいです。

f:id:mistletoe1:20170602082230j:image

食後のミントティー は立派なモロッコの茶器で。暑い日には熱いミントティーで清涼感とともに汗を出して凌ぐのだそう。

f:id:mistletoe1:20170505204408j:plain

そして、この日はなんと、このお店を予約したそーさんが、記念日だから!とアニバーサリープレートが用意されていました!

実は、交際記念日を”毎月”しているのです・・・。そして、4月下旬をもって2周年となるその記念だそう。忙しい中でも合間をぬってお出かけやサプライズをいつもありがとうございますXP

 帰りは都内に向かう電車にのるため、関内から中華街を通りながら横浜駅へ。

f:id:mistletoe1:20170505211721j:plain

たくさん歩き、たくさん食べて飲んで、とても心地よい疲れにやすやすとスヤスヤできた1日でした:D

 

【おでかけ】磯と森と忘れられた要塞@横須賀市観音崎公園【さんぽ】

暑いほどの晴天に恵まれた今年のGWはいかが過ごされましたか?私は、間を挟む2日も仕事がお休みだったため、なんと10日間ほどのながーい連休を満喫させていただきました:)

せっかくなのでどこが行こうかなぁ?といつものようにそーさんと相談し、1つは横須賀に、もう1つは国営ひたち海浜公園に行くことにしました。実は去年のGWも、三浦半島の先っぽ城ヶ島や横須賀繁華街に行ったのですが、今回は観音崎ちお目当があっての日帰りの旅です:)

都内から横浜に出て、京急線に乗り換えます。やはり人出は多いのですが、ちゃんと座れましたよ;)

横須賀駅から数駅先の馬堀海岸駅で降り、観音崎行きのバスに乗り換えて15分ほど、浜と磯の海辺に自然も豊かな岬にはバーベキューや磯遊びなどのレジャーに興じる人がいっぱいです。お目当の横須賀美術館は少し後にして、先に観音崎公園を散策してみました。

f:id:mistletoe1:20170525154052j:image

城ヶ島付近もそうですが、磯でも、山肌にも地層がハッキリとみて取れます。

f:id:mistletoe1:20170525175957j:image

職場は海のそば独特の照葉樹林が多く、岩だらけの環境でもしっかりと根付いています。

f:id:mistletoe1:20170526001229j:image

少し登ると観音埼灯台が見えます。入場料が必要なのですが、この日はパスして外見のみ。美しい緑の中を歩いていきます:)

f:id:mistletoe1:20170505152250j:plain

f:id:mistletoe1:20170505152317j:plain

この石ブロックが積まれたものは太平洋戦争時の東京湾要塞の一部として造られたものだそう。

f:id:mistletoe1:20170505143813j:plain

しっかりとした石で舗装された道や広場、レンガ造りの建造物などが散見されるのですが、木の根やつる性植物に飲まれている様子はある種の朽ちて行くものの美しさを感じますね。。

f:id:mistletoe1:20170505150129j:plain

一周ぐるりと回ると2時間ほど。また海岸にでてみると、曇り空が晴天に。この日は半袖でも暑いくらいで、すでに海に入っている人たちも見受けられました。思いのほか海の水が青くてきれい!

この後は舗装されていない小径を通って美術館へと向かいます:D

 

【おさんぽ】創立100周年!理化学研究所@和光市の一般公開

ソメイヨシノはすっかり葉桜、フンワリと丸い八重桜が盛りの4月22日に、和光市にある理化学研究所の一般公開に行って来ました!

大学や研究機関など、仕事の関係で少しばかり縁があり、機会があればお散歩や観光がてらに見回る事が増えて来ました:)

理化学研究所と言えば日本最大級の研究機関であり、注目度の高い研究も多くなされ、最近では113番目の元素であるニホニウムの発見でわきましたね。この理化学研究所和光市の他、SPring-8で有名な兵庫県佐用町、京コンピュータや再生医療を研究する神戸地区、神奈川県鶴見やつくば市など各地に拠点を持っています。中でも最も大きいのがこの和光地区で、以前は軍の用地だっただけあって、都内にほど近いのに広大です!

たくさんのお部屋にそれぞれの研究室の研究内容がパネル展示してあったり、実際の研究者が説明してくださる他、子どもが楽しめる映像や実験を通して学ぶコーナーもたくさんあり、どの部屋も盛況でした:D

構内にあるタリーズコーヒーさんではこの日限定のニホニウム・ラテが??*ニホニウムは食べる事も出来なければ肉眼で見る事も出来ません。

f:id:mistletoe1:20170506142632j:image

桜並木の開放日に見る事が出来なかった新種の八重桜"仁科蔵王"はすこし散り初めでしたが、ピンク色が濃くなり、黄緑の縁とのコントラストがとても可愛くなっていましたXD

f:id:mistletoe1:20170506143707j:image

この桜、ベースは"御衣黄"と言う黄緑の八重桜なのですが、それに重イオンビームを照射する事で植物の突然変異を誘発して、その中でも良いものを育て増やし、新種として登録したものなのです。

その重イオンビームやニホニウムを発見したのも"仁科加速器研究センター"での研究なのです。

そのメインとなるIRビームファクトリーの中を見学できたので行ってみました!

f:id:mistletoe1:20170525082635j:image

とても大きな施設で、ほとんどが地下に設置されています。入口では氏名などを書いて受付を、元素周期表ニホニウム命名までの漫画、パンフレットなどお土産もたくさんいただくことができましたよ!

エレベーターも利用できるのですが、徒歩にて4〜5階ぶんの階段を降りたところで広いホールに到着します。

f:id:mistletoe1:20170525083237j:image

まず最初に、複数ある加速器な中で最も大きな超伝導リングサイクルトロン「SRC」が。直径は19m弱、高さ7.7mのずんぐりしたボディに初号機カラー、重さはなんと、東京タワーの2倍だとか!?それほどの重い金属が使われているのですね。

内部にはみっちりと精密な装置が詰まっているようでした。
f:id:mistletoe1:20170525084522j:image

基本的には地下のためどこも薄暗く、とにかく大きな装置や工具がたくさんあり、工場などのような雰囲気もあります。その隙間のスペースで研究内容をわかりやすく解説してくださったり、展示があったりします。

f:id:mistletoe1:20170525101652j:image

これだけ説明などを受けておきながら。。

f:id:mistletoe1:20170525101801j:image

サッパリ理解できないまま、巡ること1時間。

意外なほど広く、機械も、されている研究も多いのでとても1時間では見聞きできない内容です。理化学研究所全体の研究を把握するとなるとこのOPEN DAY1日では全く足りません!

また次回、チャレンジしてみたいと思います:)

 

 

お花見@2017

早咲きの河津桜や寒緋桜、前線とともにやってくる圧巻のソメイヨシノ、手まりのような八重桜が終わるまでの1ヶ月強。皆様はどのようなお花見をしましたか?

今年度の私たちは東京の西側に縁があり、先の投稿の、池袋にある自由学園明日館の他に、練馬にある広大な光が丘公園と、和光市にある近年ニホニウムで有名になった理化学研究所の桜のための一般公開を訪れてみました:D

光が丘公園にはお弁当とレジャーシート、お酒を持参するお花見で、桜ならばやはりピンク色!と、スパークリングロゼワインのハーフサイズを買いこみ、それに合わせた軽いフィンガーフードとして、野菜たっぷりのラップサンドを作りました。

f:id:mistletoe1:20170503184323j:image 

相変わらずのソーセー人が間に踊りますXD

 f:id:mistletoe1:20170503184344j:image

とても暖かく、半袖の人もちらほら見られたこの日の公園は本当に人がいっぱい!!

いくつかのステージイベントやたくさんの屋台も出ていて大盛況でした。

桜はまだ3〜5部咲きといった具合でしたが、来週ともなるともう散り始めている頃なので、この日が一番の人出だったと思われます。それでも二人くらいのスペースならすぐ見つかる広大な公園でした。

 

そしてまた別の日には、光が丘から近い、和光市にある理化学研究所の桜の構内解放で、少し雨の心配がある中、お散歩がてらに散策をしてきました。

f:id:mistletoe1:20170503184439j:image

一般公開のような所をあげての公開ではなく、桜の綺麗な通りを解放していただくだけののんびりとした構内解放日でした。

植物好きの私としてはやはり気になるのが、この理化学研究所で生まれた新種の桜、仁科乙女や仁科蔵王ですが、仁科乙女には少し遅く、仁科蔵王はまだ固い蕾でした。。。

 f:id:mistletoe1:20170503184504j:image

しかしながら、こちらも大樹が沢山!桜以外にも多種多様な植物があり、人もまばらで、ゆっくり散策とお花見を楽しむことができました:D

f:id:mistletoe1:20170503184523j:image