やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【おさんぽ】創立100周年!理化学研究所@和光市の一般公開

ソメイヨシノはすっかり葉桜、フンワリと丸い八重桜が盛りの4月22日に、和光市にある理化学研究所の一般公開に行って来ました!

大学や研究機関など、仕事の関係で少しばかり縁があり、機会があればお散歩や観光がてらに見回る事が増えて来ました:)

理化学研究所と言えば日本最大級の研究機関であり、注目度の高い研究も多くなされ、最近では113番目の元素であるニホニウムの発見でわきましたね。この理化学研究所和光市の他、SPring-8で有名な兵庫県佐用町、京コンピュータや再生医療を研究する神戸地区、神奈川県鶴見やつくば市など各地に拠点を持っています。中でも最も大きいのがこの和光地区で、以前は軍の用地だっただけあって、都内にほど近いのに広大です!

たくさんのお部屋にそれぞれの研究室の研究内容がパネル展示してあったり、実際の研究者が説明してくださる他、子どもが楽しめる映像や実験を通して学ぶコーナーもたくさんあり、どの部屋も盛況でした:D

構内にあるタリーズコーヒーさんではこの日限定のニホニウム・ラテが??*ニホニウムは食べる事も出来なければ肉眼で見る事も出来ません。

f:id:mistletoe1:20170506142632j:image

桜並木の開放日に見る事が出来なかった新種の八重桜"仁科蔵王"はすこし散り初めでしたが、ピンク色が濃くなり、黄緑の縁とのコントラストがとても可愛くなっていましたXD

f:id:mistletoe1:20170506143707j:image

この桜、ベースは"御衣黄"と言う黄緑の八重桜なのですが、それに重イオンビームを照射する事で植物の突然変異を誘発して、その中でも良いものを育て増やし、新種として登録したものなのです。

その重イオンビームやニホニウムを発見したのも"仁科加速器研究センター"での研究なのです。

そのメインとなるIRビームファクトリーの中を見学できたので行ってみました!

f:id:mistletoe1:20170525082635j:image

とても大きな施設で、ほとんどが地下に設置されています。入口では氏名などを書いて受付を、元素周期表ニホニウム命名までの漫画、パンフレットなどお土産もたくさんいただくことができましたよ!

エレベーターも利用できるのですが、徒歩にて4〜5階ぶんの階段を降りたところで広いホールに到着します。

f:id:mistletoe1:20170525083237j:image

まず最初に、複数ある加速器な中で最も大きな超伝導リングサイクルトロン「SRC」が。直径は19m弱、高さ7.7mのずんぐりしたボディに初号機カラー、重さはなんと、東京タワーの2倍だとか!?それほどの重い金属が使われているのですね。

内部にはみっちりと精密な装置が詰まっているようでした。
f:id:mistletoe1:20170525084522j:image

基本的には地下のためどこも薄暗く、とにかく大きな装置や工具がたくさんあり、工場などのような雰囲気もあります。その隙間のスペースで研究内容をわかりやすく解説してくださったり、展示があったりします。

f:id:mistletoe1:20170525101652j:image

これだけ説明などを受けておきながら。。

f:id:mistletoe1:20170525101801j:image

サッパリ理解できないまま、巡ること1時間。

意外なほど広く、機械も、されている研究も多いのでとても1時間では見聞きできない内容です。理化学研究所全体の研究を把握するとなるとこのOPEN DAY1日では全く足りません!

また次回、チャレンジしてみたいと思います:)

 

 

お花見@2017

早咲きの河津桜や寒緋桜、前線とともにやってくる圧巻のソメイヨシノ、手まりのような八重桜が終わるまでの1ヶ月強。皆様はどのようなお花見をしましたか?

今年度の私たちは東京の西側に縁があり、先の投稿の、池袋にある自由学園明日館の他に、練馬にある広大な光が丘公園と、和光市にある近年ニホニウムで有名になった理化学研究所の桜のための一般公開を訪れてみました:D

光が丘公園にはお弁当とレジャーシート、お酒を持参するお花見で、桜ならばやはりピンク色!と、スパークリングロゼワインのハーフサイズを買いこみ、それに合わせた軽いフィンガーフードとして、野菜たっぷりのラップサンドを作りました。

f:id:mistletoe1:20170503184323j:image 

相変わらずのソーセー人が間に踊りますXD

 f:id:mistletoe1:20170503184344j:image

とても暖かく、半袖の人もちらほら見られたこの日の公園は本当に人がいっぱい!!

いくつかのステージイベントやたくさんの屋台も出ていて大盛況でした。

桜はまだ3〜5部咲きといった具合でしたが、来週ともなるともう散り始めている頃なので、この日が一番の人出だったと思われます。それでも二人くらいのスペースならすぐ見つかる広大な公園でした。

 

そしてまた別の日には、光が丘から近い、和光市にある理化学研究所の桜の構内解放で、少し雨の心配がある中、お散歩がてらに散策をしてきました。

f:id:mistletoe1:20170503184439j:image

一般公開のような所をあげての公開ではなく、桜の綺麗な通りを解放していただくだけののんびりとした構内解放日でした。

植物好きの私としてはやはり気になるのが、この理化学研究所で生まれた新種の桜、仁科乙女や仁科蔵王ですが、仁科乙女には少し遅く、仁科蔵王はまだ固い蕾でした。。。

 f:id:mistletoe1:20170503184504j:image

しかしながら、こちらも大樹が沢山!桜以外にも多種多様な植物があり、人もまばらで、ゆっくり散策とお花見を楽しむことができました:D

f:id:mistletoe1:20170503184523j:image

【東京さんぽ】古き学び舎と大樹の桜を眺めながら”夜桜見学会”@池袋 自由学園明日館

また、長く投稿のない日が続いてしまいましたねXO

冬から春にかけてはとても大きな出来事があり、静かに、ゆっくり、これからに向けて慎重に時を過ごしていました:)

またこの春からはたくさんの場所に訪れ、見聞きしていこうと思います!

 

今は桜も美しい黄緑の葉を伸ばし、夏を思わせる暖かい日が続く連休に入ってきましたが、ソメイヨシノがまだ満開だった頃に訪れた”自由学園 明日館”で行われた夜桜見学会の様子をお届けいたします。

池袋から徒歩10分ほどの自由学園明日館は、秋のボジョレーヌーボーを愉しんだ

新酒をたのしむ"暖炉とワインの夕べ"@池袋 自由学園明日館

http://sysy.hatenablog.com/archive/2016/12/12

に次いで、二度目の訪問になります。今回も入り口で入場券を購入するのですが、お酒とおつまみが付く券を一人1000円で購入。お酒は桜にちなんだ日本酒が二種類から選べ、おつまみとしてかまぼこが付いてきます。入場券だけでも400円なのでとてもお得に感じますね!お酒の会のため、今回は子供の入場はできなかったようです。

 f:id:mistletoe1:20170503011022j:image

それほど広くはない校舎ですが、とても綺麗に手入れをされており、時を感じる椅子やテーブルが並べられて、大勢の入場客も問題なく席につけるようになっていました。

私たちは校舎外の大きな桜の樹が眺められる屋外に設置された椅子に場所をとり、のんびりとお酒をいただきながらライトアップされたほぼ満開の桜を眺めさせていただきました。

f:id:mistletoe1:20170503011055j:image

 ふと、お酒(赤い色でワイングラスに入っていますが、日本酒です)をかざしてみるとグラスを通して逆さまの桜が映ります。

 f:id:mistletoe1:20170503011118j:image

校内では天井に桜が映し出され、大きく、幾何学模様が美しいステンドグラスから覗く桜もこの上なく美しく、強く思えますね。

 f:id:mistletoe1:20170503011141j:image

学び舎と桜は私たち日本人にとって切っても切れない風景ではないでしょうか。

時には卒業、時には入学、出会いと別れ、まだ感情の名前など解らない時期に訪れるたくさんの喜びや哀しみなどがこの一瞬の、儚い淡い色に一緒くたになって織り交ぜられているように思ったりします。

 f:id:mistletoe1:20170503011214j:image

日本人にとっての桜は何百年も前、平安の昔からの、切っても切れない原風景のようなものかもしれませんね;)

こんな四季豊かに、植物が表情を見せてくれる国に生まれたことを誇りに思っています。

【ごはん】歴史感じる橋の下で。。。フクモリ@mAAch ecute KANDA manseibashi

大寒を迎え、東京でも朝晩がマイナスとなる日が続いています。カラッと晴れているのに顔がひりひり、身体の底からぶるぶるっとなる冷たい風は、乾燥した土地ならではのものかもしれませんね。

寒さもありますが、忙しい日が続き、あまりお出かけや記事を書くような活動がなく、また久々の投稿ににってしまいましたXP

今回は度々お茶に食事にと訪れる秋葉原ほど近いmaach ecute内のフクモリさんでランチをいただきました!

このマーチエキュートさん、ちょうど万世橋と垂直で、神田川に沿ったようにある、煉瓦造りの橋のような建物。。。実はこちらは昔のJR「神田万世橋駅」の高架橋だったものなのです:D

細長い高架橋はまさにarch状のスペースが連なり、そこには"今"らしい雑貨や飲食店、イベントスペースなどが並んでいます。

秋葉原駅のイメージとはすこし違った、オシャレでゆっくりとした雰囲気の中でショッピングやお食事が取れるのでオススメですよ!

ランチに伺ったフクモリさんは、一階の奥にあり、おもに東北の食材や特産品を使ったほっこり身体に優しい和食かいただけます:)

f:id:mistletoe1:20170124092434j:image

神田川を臨む、広々ゆったりととしたソファー席に通して頂きましたが、丸テーブルや1人でも入りやすい小さなテーブルも多くあり使い勝手が良さそうですね。

f:id:mistletoe1:20170124092456j:image

この日のランチとして、お肉は地鶏の唐揚げ、お魚は桜鱒の西京焼き、他に山形のだし丼の三種それぞれ1000円です。

私はお魚(&昼からワイン!)を、そーさんはお肉をオーダー。

f:id:mistletoe1:20170124092343j:image

ごはん、お味噌汁、メインの桜鱒の西京焼きと青菜のおひたし、小鉢は秘伝豆。f:id:mistletoe1:20170124092554j:image

お肉の唐揚げには、しょうゆの実入りのマヨネーズに野菜サラダが添えられています。なんとごはんとお味噌汁はおかわり自由!嬉しいですね!

どちらも身体に良さそうな定食で、味も濃くなく、素材の味を感じながら美味しくいただけます:D 

もちろんお茶やスイーツもありますので喫茶利用もできますよ!

ゆったりと流れる神田川を眺めながら、こんな特別な空間で過ごすのもよいですよね!

 

【東京さんぽ】2000年前から武蔵国を治める"武蔵一宮 氷川神社"で初詣!

あけましておめでとうございます!

約1年半の間、まったりマイペースな更新を続けているこのブログを読んでいただいてありがとうございました。今年はもう少しばかり充実させていきたいと思います。

私ごとを気ままに連ねているばかりですか、どうぞ今年もよろしくお願いいたします:D

 

さて、今年の大晦日きら元旦にかけては特に予定もなかった所、これを生かして自社で年明けを過ごし、開けとともに初詣をしてはどうかと考え、都内の有名な自社などを調べた所、埼玉県の大宮駅にほど近い"武蔵一宮 氷川神社"行ってみることにしました!

こちら、大宮という地名の元になったほどの古く由緒正しく、格も高い美しい神社です。まっすぐ長く延びる参道の緑もとても素敵で私のお気に入り:)

まずは大宮駅近くで腹ごしらえと年越し蕎麦で体を温めます。

f:id:mistletoe1:20170102170226j:image

ちょっと早いお神酒!?とホッとするお味の肉豆腐!

f:id:mistletoe1:20170102170322j:image

このほか揚げたての天ぷらなどのメニューがとにかくリーズナブルでお酒も会話も進みます。こちら、自家製蕎麦のお店だったのですが、帰 ラストオーダーの時には売り切れに!!泣く泣く他のお蕎麦やさんにてお蕎麦をいただきました。

f:id:mistletoe1:20170102170542j:image

お腹いっぱい!!

続いて大宮の繁華街を抜けて参道へ。

f:id:mistletoe1:20170102211947j:image

参道いっぱいにひしめくやたい初詣に向かう人たち。0時になるまで拝殿の門が開かないようで、しばらく待って後、狭い橋の上などで事故がないよう誘導されながらゆっくり進むこと約30分

f:id:mistletoe1:20170102212327j:image

いよいよ拝殿にたどり着きました!

f:id:mistletoe1:20170102212412j:image

お賽銭をしてから今年のお願いを。

とても楽しく幸せに過ごせた昨年でしたが、さらにしっかりと、丁寧に、自分らしさを大切にしながら強く優しく進んでいきたいと思います:)

f:id:mistletoe1:20170102212709j:image

冷え切った体に甘酒が染み渡ります。。

f:id:mistletoe1:20170102222245j:image