読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【東京さんぽ】Jazzyな秋の夜 Enrico Pieranunzi@丸の内"COTTON CLUB"

今回のシルバーウィークは前後を含めよくおでかけをしました:D

そのひとつはオトナの社交場、ジャズクラブとして有名な丸の内COTTON CLUBさん!お席もそれほど安くは無いのですが、とてもステキなジャズピアニストさんがいらっしゃるとの事で行ってきました:D
東京駅丸の内出口にあるKITTE(キッテ)さん隣、一階にはおしゃれなブーランジェリーVIRONさんがあるTOKIAさん二階です。
f:id:mistletoe1:20150930184011j:image
暗めの照明ですでに入り口からオトナのムードが漂いますね。
予約の旨を告げると席まで案内していただいたのですが、公演までのしばらくの間はこの雰囲気を楽しもうと軽く飲み物とアペタイザーを注文。まだ早かったので食事はとらなかったのですがディナーコース付きのプランもあります;)
 
程なくして今回のお目当、イタリアのジャズピアニストEnrico Pieranunzi氏が上段へ。とてもリラックスした風で演奏を始められると店内はカトラリーがお皿に触れる音すらもしない程静まり返り、皆さん繊細な音に聴き惚れていました。
アーティストさんを撮影するのはもちろんNGなので撮りませんでしたがグランドピアノを囲む少し狭い店内に紫やオレンジとロマンティックに移り変わるライティングなどとても雰囲気がよかったですXD
こちらは店内後方にあるシャンデリア。
f:id:mistletoe1:20150923185035j:plain
2~3曲弾き終えてから英語で曲の説明などをしてくださりますが、時折「ありがとうございます」などと日本語を話されるときも。本当にあっという間の約1時間の公演となりました。

f:id:mistletoe1:20150923185148j:plain

音符や記号のオーナメントをつるしたシャンデリア。。。

 

入れ替え制のため割と早々にお店を後にした先は三菱一号館美術館内に併設されたカフェ”cafe 1894”へ。

f:id:mistletoe1:20150923191541j:plain

落ち着いた秋の夜を愉しみました。