読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【おさんぽ】癒し系ポンポンの丘 国営ひたち海浜公園 コキアが揺れる見晴らし丘

おさんぽ りょこう みどり
ゴールデンウィークネモフィラでも有名な国営ひたち海浜公園ですが、秋は青の丘から一転、可愛い赤に染まる姿を色々な広告で見つけ、連休に行ってきました:D

f:id:mistletoe1:20151015105745j:image

前日まで天気が良くなかったものの、体育の日はよい天気!
少しばかり遠くてアクセスがよいとは言えないこの公園、なんと東京駅八重洲口から原子力機構前行きの高速バスが大洗・勝田と通りひたち海浜公園前に止まるのです。午前の便に間に合うように東京駅に着いたものの。。。同じ考えの方がすでにたくさんいらっしゃって増便も無い高速バスは定員オーバーのため乗れそうに無いとの事。30分前に着いたのですが先着順の自由席になっているのです。
早々にバスを諦めて常磐線特急"ひたち"もしくは”ときわ”に乗って勝田まで行くことに。
f:id:mistletoe1:20151015105757j:image
この日の遅めの朝食は前日の晩御飯だった”栗おこわ”。電車の中で食べるお弁当はなぜか冷めてもおいしく感じます;)
1時間半ほどで勝田駅に到着。そこからは茨城交通の路線バス「海浜公園南口」行きか、さらに”ひたちなか海浜鉄道湊線”に乗り換えて”阿字ヶ浦駅”へ、そこから無料シャトルを利用することができます。
私たちは路線バスを利用したのですが、まず公園西口のバス停から見える長蛇の列でビックリ!チケット販売もそうとう並びそうな予感がしたので、バスの終着である公園南口まで行ってみることに。。。さらにバスは進み、2キロほど離れた南口に到着すると人はほとんどおらず、すんなりとチケットも買えました。しかし、コキアのある見晴らし丘までは1.7kmあるとのことで覚悟が必要です!
こちらの公園には初めて遊びにいったのですが、こんなに広く、多様なスペースがあるとは知らなかったのですが、浜辺から広場、アスレチックジム、遊園地、植物園などなど多彩なので徒歩もそれほど苦痛にはなりませんでした:D
各入口からはレンタルサイクルも行っています。もちろんこの日は貸出が多くて無理でしたが、特にイベントなどがない日にゆっくり園内一周をするのは楽しそうです。
f:id:mistletoe1:20151015105821j:image
こちらがお目当ての真っ赤な見晴らし丘!コスモスはまだ早いようですが、コキアはちょうどよいタイミングだったのではないかと思います。
かなりの人出でしたが、混みすぎて困るといったほどではありませんでした。
f:id:mistletoe1:20151015105835j:image
近くでみるコキア。ほうき草との別名もありますが、丸いポンポンで、ちょっとしたかわいい生物のようですXD
f:id:mistletoe1:20151015105922j:image
青い秋の空と赤いコキア、三色のコスモスに地のグリーンがとてもよいコントラスト。。。
丘以外にはあまり立ち寄らずに気ままに過ごしていたのですがあっという間に日が暮れて、帰り道のバスや電車ではついうとうと。
またいつか、広い園内の他の場所も巡ってみたいと思えるステキな公園でした;)