読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【東京さんぽ】はんなり和の香り ホテル椿山荘東京の椿アフタヌーンティー

都内ではまとまった雪も降ったりと冷え込む季節になりましたね。
私は日本海側の出身で、冬と言えばずっと天気が悪く、雪か雨、そうでなくても曇りだったので、東京の快晴にはびっくりです。それでも乾燥した風は冷たいですね〜XP
年末からお正月の賑わいも落ち着いた週末はホテル椿山荘東京のロビー、ル・ジャルダンさんにて広いお庭を眺めながら"椿アフタヌーンティー"に行ってまいりました!

f:id:mistletoe1:20160120122512j:image

少しばかり各駅から離れているホテル椿山荘。電車とバスを使いました。
フロントとは違う、庭園を臨む回廊を進んだ先にル・ジャルダンがあります。
予約の旨を伝えると、ふかふかの椅子に案内してくれました。
早速飲み物のメニューから最初の一杯を選びます。。。シンプルな紅茶はもちろん、フレーバーティーに緑茶、ルイボスティー、コーヒーなどもあります。

f:id:mistletoe1:20160120122529j:image

私はヌワラエリヤが好き!ポットにたっぷり入っています:D

f:id:mistletoe1:20160120122551j:image

しばらくしてやって来ました!三段トレーのお茶菓子類!

お正月を意識してか柚子や胡麻、米粉などの和の食材が使われていて、スコーンのお供のジャムは伊豆大島産の椿ジャム。初めて見ました。。

f:id:mistletoe1:20160120122602j:image

一番上の段はスイーツ!

赤い果実と柚子のジュレ  
味噌とチーズのスフレ
米粉と練乳のガトー  
そら豆とラズベリーのムスリーヌ

どれも甘み控えめ、小さなサイズながらもとても丁寧に、素材を生かして作られています;)

f:id:mistletoe1:20160120122612j:image

二段目はやはりコレ。アフタヌーンティーといえばスコーン。

プレーン、柚子、黒ゴマでした。

スイーツやフィンガーフードに比べると大ぶりですが、ほんのり温かく、ホロホロと口の中でほどけて、バターの良い香りが広がります。

めったにお目にかからないクロテッドクリームもしっかりつけていただきました!ジャムは。。。やさしい甘みと酸味がありましたが、椿の香りって??といった感じです。

三段目はしょっぱいフィンガフード。甘くなった口に良いですよね。

根菜のジャムサンド
チキン・レンコン・チェダーチーズのオープンサンド
セロリラブとサーモンのキッシュ
ポークパストラミとグリーンアスパラガスのポンデケージョ

だそうです。

野菜がふんだんに使われているのがうれしく、ポンデケージョなどはとても珍しいですよね。

f:id:mistletoe1:20160120122630j:image

次にお願いした紅茶はリキュールであるアイリッシュクリームの香りをつけたフレーバーティー。甘いのは香りだけ!バニラのほかにほんのり香ばしいウイスキーやオなどの風味も。ミルクを入れても楽しめるそうです。

f:id:mistletoe1:20160120122643j:image

最後は王道のダージリン。シャキっとした味がします。

f:id:mistletoe1:20160120122652j:image

2時間交代制なのですが、これだけのフードとお茶をいただいていると本当にあっという間に過ぎてしまいました。。なんといってもおなかがタポタポ!

ゆっくりとホテル内から広い広いお庭を眺めます。今は椿が咲いていますが、これから梅、桜と楽しめる季節になりますね:D