読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすやすとスヤスヤ

回文。スヤスヤ眠るためのごはん、おやつ、植物に都内近郊のお散歩。

【特別編】あなたのしあわせが、わたしのしあわせ

みどり
36年間、とても忙しかったり、楽しかったり、哀しかったり、何かに打ち込んでいたり、目に見えないものと戦っていたり、のんびりしたり。。。
紆余曲折、色々なところにぶつかりながら、時に、私はどうしてあまりうまく生きられないのかな?と時に思うこともありながら、それでも自分の気持ちを大切に生きてきました。
どれだけきらびやかな世界に紛れても、大舞台に立つ事があろうとも、お花が好きで、料理やお菓子を作るのが大好きな、とても素朴で単純なひとりの人です。
このままのんびり、1人でゆっくり生きていくのかしら?カリスマ主婦ならぬ、独女として面白おかしく過ごしていけば良いのかしら?と思っていた日々のナカ、ふと、ちょうど昨年の初春に出会った"そーさん"と、色々な時間を共にして、お互いがお互いを思い合い、自然と、このままずっと一緒に生きていきたいね、といった流れとなりました。
そーさんは、わたしよりもずっと若く、美しく、聡明で忍耐強い人。思いやりがあり、人の気持ちをよく汲み取り、片時もわたしを離さず、全力で愛してくれる人です。
そんな人が、お花が大好きで、お花の妖精のようなわたしに、と、忙しい合間を縫ってオーダーしてくれた指輪をいただきました。
f:id:mistletoe1:20160418205034j:image
5つの花びらが可憐な、一重のナニワイバラのような指輪です:)
内側には、si vales valeo (あなたの幸せがわたしのしあわせ)と刻まれていて、これは、この一年、わたしとそーさんが一緒にいる際のとても重要なキーワード。
大切な人には、いつも健やかで花がほころぶように、ずっと楽しく笑っていて欲しいですよね;)
家族、友人、先生、同僚や仲間。。色々な人と出会ってきましたが、恋心抜きにしても、こんなにわたし本来の性格を肯定して、誇りを感じさせてくれた人はいません。
暗くて汚い気持ちはすっかりと変わってしまえる。2人の世界に浸るわけでもなく、たくさんの人に優しくなれる。こんな事が本当にあるんだなぁ。。と思いました。

とは言え、まだ婚約の段階。先はこれからです。
これに甘んじることなく、2人でしっかりと前を見据えて、でも、何気ない日々のお話を綴っていけたらと思っています。

今回、指輪を作って下さったのは代官山のhitotsuchiさん!(サプライズでしたが)
機械的な精巧さと言うよりも、丁寧に人の手が加わり作り上げたぬくもりのあるものを作ってくださいますよ:)
f:id:mistletoe1:20160418221017j:image